鳥居:中東の石油産業

の供給と生産に関しては、中東はゲームの最大のプレーヤーの1つです。この地域だけでも、世界最大の石油供給業者のうち5社が国内にあり、世界の石油生産の少なくとも27%を割り当てる責任を負っています。 

石油を生産している国営企業はたくさんありますが、合弁事業を行っている国際的な企業もたくさんあります。石油産業の巨人である中東諸国のいくつかを次に示します。

サウジアラビア 

中東の産油国の中で、サウジアラビアは依然として石油供給の主要国です。統計によると、KSAは1日あたり少なくとも1200万バレルの石油を生産しており、これは世界の石油供給量の12%に相当します。 

2003年から2012年まで、サウジアラビア王国は世界最大の石油生産国としてランク付けされました。しかし、米国からの供給需要がピークに達したため、すぐに2位になりました。  

サウジアラビア王国の石油・ガス産業は、サウジアラムコによって管理されています。サウジアラムコは、国の石油鉱物資源省と最高石油評議会によって管理されています。サウジアラムコは国営企業ですが、最初の公募は少なくとも1.5%でした。

イラク 

イラクは石油生産に関して2番目に来る。記録によると、同国は2005年に大量の石油を取得し、イラク戦争が始まってから約2年後のことです。 

しかし、不安定な政府、弱い政治条項、そして国内で進行中の暴力のために、イラクはその石油備蓄を最大限に活用することができません。 

国の石油生産のほとんどはバグダッドの石油省によって管理されています。同省は、ノース石油会社、ミッドランド石油会社、ミサン石油会社など、さまざまな国営企業を通じて石油供給を管理することができます。 

イラン 

イランは世界で9番目に大きな石油国であり、1日あたり少なくとも320万バレルを生産しています。 しかし、国の現状と進行中のテロ攻撃は、イランの石油産業の成長を妨げています。 

2015年7月、イラク政府は、JCPOAまたは包括的共同行動計画に関して、国連安全保障理事会およびドイツのいくつかの議会当局者との間で、国が核計画を利用する際により厳しい規則を設けることを表明しました。引き換えに、国の経済制裁は削除されます。 

2018年、ドナルド・トランプ前大統領が災害であると述べたため、米国は取引から撤退しました。翌年、米国はサウジアラビアの石油施設への攻撃により、イランでより多くの経済的制限を適用しました。